すむシェフのウエブログ


by sumuchef

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どうも続かない。このブログってやつね。今回も先週近況めいたことを書くまで8ヶ月もほったらかしだった。その前から「らしきこと」はやってるけど、いわゆる「まめに」更新するってのができた試しがない。

どうしてだ?

ま、端的に言えば、私が怠け者だからなんです(ピリオド)。今回日本に里帰りしたときにも「ねえ、ブログ全然更新してないね。」とか、「もうやめちゃったの?」とか、初めてその話題になった友達とは、「ブログしてる?」「うん、一応」「へえ。じゃ、教えて」なんていう話になった。

私自身、定期的に見ているブログはいくつかあるし、まめにやってる人のは、わりと頻繁にチェックもする。『今』を共有している友達だったりすれば、『そうそう、そういうことあったわね~』と共感モード。遠く離れてる友達なら『そうか~。そんなことがあったのか~。』となつかしく思いを馳せたりする。

それはとても有益だ。

なのにできない私はやっぱりLazy(怠け者)だから?


そもそもブログなんてものは、誰が読んでいるかわからない。というか、誰がみてもいい。というのが大前提で書いているわけだから、そうそうこみいった話は書けない。ある出来事について自分が感じたことを書いてみたい。と思っても、それによって誰かが(意図せずして)不愉快な思いをするかもしれない。とか、あー、こんなふうに思ってるんだ。と全然知らない人、あるいは、あんまり知ってもらわなくていい人に思われるのはね。と躊躇する気持ちが先行してしまう。

つまりこれなんだと思う。


親しい大切な友達に私の近況を知らせたい。とか、思ってることをシェアしたい。という気持ちはいっぱいあるけど、それって時に、とても深いところにある「何か」だったりする。そして同時に、言い方があまりよくないんだど、その「何か」は誰とでも共有したいものではなかったりする。


ターゲット(伝えたい相手)が定まらない文章って、なんかこうしっくりこないんだなぁ。もっと言いたいことあるのに、ま、このあたりにしておきましょう。みたいなそのゆるい感じは、結局、本当にこのメッセージを伝えたかった人のストライクゾーンには届いていかない。というのが書いている間にもう自分でわかってしまうからね。


なら本音で直球投げてみれば?と思う気持ちはあるけど、やっぱりそれは。。。と思っちゃう。私のことを全く知らない人なら、ええい!構わないって思えるけど、問題は、、、他人以上・友達未満の私のことを知っている人に気持ちの内側を見せること。

まぁ、深い話って言ったって他愛もないことですけどね。嵐の桜井翔くんが大好き♪だとか(笑)。全然深くないじゃん!!!

でもなぁ、そうは言っても個別にメールするってことでもないし、やっぱり上手に使って、特に、遠く離れて細く長くつながっている大切な友達に、私がここで何か感じながら日々生きてることを伝えるひとつの手段にしたいな。と痛感した今回の旅でありました。
[PR]
by sumuchef | 2010-07-12 11:04

After so long

大雑把に言うと1年ぶり、正確に言うと9ヶ月ぶりくらいの日本への里帰りから昨夜無事オースティンに戻ってきました。。

過去9年間のアメリカ生活の中で一番長い5週間の滞在。Long enough(おなかいっぱい!)という気持ち半分、あと1週間あればなー。といういつもながらの後ろ髪ひかれ気分半分。

親、兄弟、親戚、そして友達と久しぶりに会いたい人満載、あれも見ても、これも見ても、『食べたいいい~』の食い意地炸裂、食品、ドラックストア、本、洋服、、、と買い物欲は青天井。。。。つまりがとても『非』日常な毎日がぎゅぎゅ~っと濃縮された5週間は、たとえて言うなら、盆と正月とクリスマスとイースターとハロウィンが週代わりでやってくるみたいな、脳内アドレナリンが出ずっぱり興奮と感激の日々なのでした。

「娘」や「嫁」役も年に一度ペースのお役目なので最初、ちょっと役作りに戸惑ったり(笑)、友達とのスタンスは基本どこにいても同じなんだけど、話題的には、その『時』を共有した過去に遡って思い出話を肴に盛り上がる。って感じなので、引き出しの奥底に仕舞い込まれた、あるいは自分自身は「完璧に」忘れているいろんな出来事に遭遇するのはものすごい刺激で、プラス昼夜逆転14時間の時差、片道およそ23時間の移動は、気力、体力ともに、自分が意識している以上に磨耗しているんでしょうが、まだ旅の余韻をひきずっているみたいで、意外と元気。ではあります。

でもそのはるか上を行くのが娘。帰りの飛行機の中でもしっかり寝て、帰ってきて「おなか空いた!」とおにぎり完食後、再びしっかり朝まで就寝、6時半にさわやかに目覚め、学校にも大喜びでカムバック、お迎え時はさぞや疲れてご機嫌斜めと思いきや、元気有り余りのご様子で、帰り途、図書館に立ち寄りリクエスト。さすがに夕食食べながら、首がぐわんぐわんなるくらい眠そうだったけど、借りてきたDVDを観てから寝る!という決意を敢行し、ベットに入るや否や5分以内に爆睡。いやはや。わが娘ながら、体力あるわー。

ちなみに本日の私は昼寝1回。夕食後、片付けせねば。と思いつつ娘をベットに送った直後に睡魔に襲われ再び昼(夜)寝。ドラキュラよろしく、深夜12時過ぎに起きてこれを書いております。早いとこ「日常」にカムバックするためにも、体内時計を元に戻さねば。
[PR]
by sumuchef | 2010-07-08 14:28