すむシェフのウエブログ


by sumuchef

カテゴリ:未分類( 24 )

どうも続かない。このブログってやつね。今回も先週近況めいたことを書くまで8ヶ月もほったらかしだった。その前から「らしきこと」はやってるけど、いわゆる「まめに」更新するってのができた試しがない。

どうしてだ?

ま、端的に言えば、私が怠け者だからなんです(ピリオド)。今回日本に里帰りしたときにも「ねえ、ブログ全然更新してないね。」とか、「もうやめちゃったの?」とか、初めてその話題になった友達とは、「ブログしてる?」「うん、一応」「へえ。じゃ、教えて」なんていう話になった。

私自身、定期的に見ているブログはいくつかあるし、まめにやってる人のは、わりと頻繁にチェックもする。『今』を共有している友達だったりすれば、『そうそう、そういうことあったわね~』と共感モード。遠く離れてる友達なら『そうか~。そんなことがあったのか~。』となつかしく思いを馳せたりする。

それはとても有益だ。

なのにできない私はやっぱりLazy(怠け者)だから?


そもそもブログなんてものは、誰が読んでいるかわからない。というか、誰がみてもいい。というのが大前提で書いているわけだから、そうそうこみいった話は書けない。ある出来事について自分が感じたことを書いてみたい。と思っても、それによって誰かが(意図せずして)不愉快な思いをするかもしれない。とか、あー、こんなふうに思ってるんだ。と全然知らない人、あるいは、あんまり知ってもらわなくていい人に思われるのはね。と躊躇する気持ちが先行してしまう。

つまりこれなんだと思う。


親しい大切な友達に私の近況を知らせたい。とか、思ってることをシェアしたい。という気持ちはいっぱいあるけど、それって時に、とても深いところにある「何か」だったりする。そして同時に、言い方があまりよくないんだど、その「何か」は誰とでも共有したいものではなかったりする。


ターゲット(伝えたい相手)が定まらない文章って、なんかこうしっくりこないんだなぁ。もっと言いたいことあるのに、ま、このあたりにしておきましょう。みたいなそのゆるい感じは、結局、本当にこのメッセージを伝えたかった人のストライクゾーンには届いていかない。というのが書いている間にもう自分でわかってしまうからね。


なら本音で直球投げてみれば?と思う気持ちはあるけど、やっぱりそれは。。。と思っちゃう。私のことを全く知らない人なら、ええい!構わないって思えるけど、問題は、、、他人以上・友達未満の私のことを知っている人に気持ちの内側を見せること。

まぁ、深い話って言ったって他愛もないことですけどね。嵐の桜井翔くんが大好き♪だとか(笑)。全然深くないじゃん!!!

でもなぁ、そうは言っても個別にメールするってことでもないし、やっぱり上手に使って、特に、遠く離れて細く長くつながっている大切な友達に、私がここで何か感じながら日々生きてることを伝えるひとつの手段にしたいな。と痛感した今回の旅でありました。
[PR]
by sumuchef | 2010-07-12 11:04

After so long

大雑把に言うと1年ぶり、正確に言うと9ヶ月ぶりくらいの日本への里帰りから昨夜無事オースティンに戻ってきました。。

過去9年間のアメリカ生活の中で一番長い5週間の滞在。Long enough(おなかいっぱい!)という気持ち半分、あと1週間あればなー。といういつもながらの後ろ髪ひかれ気分半分。

親、兄弟、親戚、そして友達と久しぶりに会いたい人満載、あれも見ても、これも見ても、『食べたいいい~』の食い意地炸裂、食品、ドラックストア、本、洋服、、、と買い物欲は青天井。。。。つまりがとても『非』日常な毎日がぎゅぎゅ~っと濃縮された5週間は、たとえて言うなら、盆と正月とクリスマスとイースターとハロウィンが週代わりでやってくるみたいな、脳内アドレナリンが出ずっぱり興奮と感激の日々なのでした。

「娘」や「嫁」役も年に一度ペースのお役目なので最初、ちょっと役作りに戸惑ったり(笑)、友達とのスタンスは基本どこにいても同じなんだけど、話題的には、その『時』を共有した過去に遡って思い出話を肴に盛り上がる。って感じなので、引き出しの奥底に仕舞い込まれた、あるいは自分自身は「完璧に」忘れているいろんな出来事に遭遇するのはものすごい刺激で、プラス昼夜逆転14時間の時差、片道およそ23時間の移動は、気力、体力ともに、自分が意識している以上に磨耗しているんでしょうが、まだ旅の余韻をひきずっているみたいで、意外と元気。ではあります。

でもそのはるか上を行くのが娘。帰りの飛行機の中でもしっかり寝て、帰ってきて「おなか空いた!」とおにぎり完食後、再びしっかり朝まで就寝、6時半にさわやかに目覚め、学校にも大喜びでカムバック、お迎え時はさぞや疲れてご機嫌斜めと思いきや、元気有り余りのご様子で、帰り途、図書館に立ち寄りリクエスト。さすがに夕食食べながら、首がぐわんぐわんなるくらい眠そうだったけど、借りてきたDVDを観てから寝る!という決意を敢行し、ベットに入るや否や5分以内に爆睡。いやはや。わが娘ながら、体力あるわー。

ちなみに本日の私は昼寝1回。夕食後、片付けせねば。と思いつつ娘をベットに送った直後に睡魔に襲われ再び昼(夜)寝。ドラキュラよろしく、深夜12時過ぎに起きてこれを書いております。早いとこ「日常」にカムバックするためにも、体内時計を元に戻さねば。
[PR]
by sumuchef | 2010-07-08 14:28

Happy Halloween!!

d0084774_5473643.jpg


この一ヶ月、首を長くして待っていたハロウィン。お天気にも恵まれ、お友達のご近所で行われるハロウィンパレードに参加させてもらいました。

More
[PR]
by sumuchef | 2009-11-03 06:36
娘の里帰りを誰よりも楽しみに待っていてくれるのは、何といっても双方の家族です。特に今回は、東京在住の弟の娘(12歳)に加え、シンガポールに住む末弟家族と帰省が重なったので、娘にとっては従姉妹3人が初めてご対面。という貴重な時間を持つことができました。
d0084774_019350.jpg


私たち兄弟三人が揃うのも、実に5年ぶり! 両親、私たち兄弟、そしてそれぞれの子供たち。誕生日や連休、お正月やお盆など、きっと近くに住んでいたら、こんなふうにみんなで集まる機会も年に何度かあるのでしょうが、東京、シンガポール、アメリカ、と遠く離れてしまい、家族全員が集まることは本当に珍しいこと。子供たちは家中を走り回り、私たち兄弟は久々の兄弟談義に花を咲かせ、両親は感慨深そうに、そして本当に嬉しそうにそんな風景を楽しんでいるようでした。
[PR]
by sumuchef | 2009-09-30 00:44
タイトルの後に[vol. 1]と書いてみたものの、何から書いていいのか、どの話を書くのか、どのくらい長くなるのか全然わからないまま書き出してます。そう。とりあえず記憶が薄まらないうちに。

まずは、4歳になった娘の保育園体験入園。

これがこの里帰りの一番のメインイベントでした。日本人の両親を持ちながら、アメリカで生まれ育った娘にとって言葉も習慣もまったく違う環境でどれくらいその生活を楽しんでくれるか。。そして日本でのママ経験ゼロの私にとっても、目から鱗!のいろんな体験をさせていただくことになる、親子そろっての大きなチャレンジになりました。


d0084774_11185628.jpg
d0084774_1120952.jpg

d0084774_11233722.jpg


泣くかな~。行くの嫌がるかなぁ~。とあれこれ心配したけれど、初日は、何が何だかわからないままに放り込まれ、様子が飲み込める3日目くらいから、朝のバイバイにちょっと時間がかかるようになって、先生や同じクラスのお友達に英語で話しかけちゃったり、土足でどんどんお教室に入っちゃったり、ハンカチで手を拭くことを忘れたり、とまぁ、いろいろありましがた、救いだったのは、一度も行くのを嫌だとは言わず、最後の日まで通ってくれたこと。

親は親で、1日に2組も着替えが必要(外遊びの後はシャワータイムがある)だったり、たった1時間の昼寝のためにパジャマが必要だったり(着替えなくてもいいじゃん)、ハンカチ以外に、おしぼりだの、紐つきのタオルだの1日3枚も手を拭くための布が必要だったり(1枚でっかいタオル持っていけば足りるでしょ?)、(穴あいてるのに)歯ブラシに紐をつけないとだめだったり、コップを入れる布袋が必要だったり(ジップロックじゃだめ?)、「なんで?」と「いいじゃん、そんなの」という声にならない声が心の中をこだまし続けた毎日でありました。旅行中ってことで、着替えもミニマムで着まわしてるこちらの事情からすると、1日にパンツと靴下が3枚(組)づつ消費される毎日を乗り切るため、鬼のごとく洗濯機をまわす羽目になりました。さらにポケットつきの服着用。というお約束があって、それはまぁ、ハンカチを入れられる服。ってことなんでしょうけど、パンツルックがお気に召さないうちのお嬢の要求を聞き入れると、まぁ、あなた。ないって!ポケットつきの服なんて。最後は苦肉の策で、ドレスの腰部分とハンカチにマジックテープくっつけて、ひらひらさせながら登園させましたわよ(怒)。

日本の保育園は「せんせい」と「おともだち」。アメリカは「ティーチャー」と「フレンズ」。となかなかどうして本人の中でもうまいこと区分けができてるみたいです。言葉も、私の想像をはるかに超えるほどに上達して、今のところ、親子の会話は日本語です(笑)。まぁ、これも1ヶ月も経つと、元に戻ってしまうでしょうが、子供の新しいものを吸収する力、環境に馴染む力というのは、すごい!!正直、ウラヤマシイです。

登園最後の日。みんなとのお別れ。


幼いながらにいろんなことを感じたんだろうなぁ。と、映像の中の彼女の表情を見て改めて思います。二つの異なる国の文化や言葉を同時に自分の中に取り込んで消化していく。という作業は、自分には経験がないだけに、彼女の身になってあげることが難しくて、けれど、想像するにたいへんなことなんだろうな。

よくがんばったね。この経験がどうかいい思い出となりますように。
[PR]
by sumuchef | 2009-09-17 12:59

夏休み!

d0084774_11423094.jpg




8月20日からおよそ1ヶ月、日本に里帰りしてきました。
うーん。楽しかったし、おいしかったし、うれしかった、そして、、、疲れました。

買いそびれたもの。会いたかったのに会えなかった友達、行けなかった所、食べ損ねたもの。

帰りの飛行機で考えていたら、いっぱいあった。。。(悲)

でもでも。

やっぱりすごく、すごく楽しかったです。

忙しい時間をやりくりして会ってくれたみんな。ありがとう!
どーしても都合がつかなくて、会えなかったみんな。ごめんね。
お父さん、お母さん、お義父さん、お義母さん、お世話になりました~。

忘れがたい思い出と、信じられないくらい重いスーツケースを抱えて無事オースティンに帰ってきましたぜ(汗)。やっぱ遠いねぇ~。


続きはまた。
[PR]
by sumuchef | 2009-09-15 11:48

もうすぐ日本!

来週から日本です! 荷造りと長時間の飛行機と、アメリカに戻るときの入国審査はいやだけど、家族や友達に会えることと、旬のお魚や果物、コンビニ、100均、ブックオフ、グロッサリーショッピング、ドラックストアに行くのがとっても楽しみ。

娘は保育園に体験入学予定。盆踊りに花火、今回はキッザニアも初体験。そしてアメリカ、日本、シンガポールに住むいとこ同士が初めて揃って一緒に過ごせる夏になりそうです。彼女にとっても思い出の多い、楽しい旅になるといいなー。

先月末に4歳になった娘。5日間の短期集中スイミングレッスンを受講。初日、二日目は大泣きだったけど、がんばって泳げるようになりました! あの、ちっこいふにゃふにゃで泣いてるだけだった新生児が、と思うと、格別な思いがあります。本人にとっても自分の力で何かを達成できた喜びを実感できた貴重な体験になりました。



さて!最初の関門、荷造りがんばろうっと。
[PR]
by sumuchef | 2009-08-13 00:22

Hail

先週(3月25日夕刻)、みるみるうちに雲行きが怪しくなったと思ったら、恐ろしい音とともに、雹が降ってきました。ライブは生まれて初めてみたけど、すごい迫力でした。大きさにすると、軟式のベースボールくらいのやつがどかどかと落ちてくるんですっ!



画像はウチのバックヤード。プールの水しぶきがすごい。屋根もところどころ凹み、ドライブウェイに駐車しておいた車に「えくぼ」ができました(泣)。が、そんなもので済んで幸いだったかも。
運転中の車は大混乱だったみたいで、屋根のあるところを求めて、場所取り争奪戦、事故車続出、車のフロントガラスやリアウインドウが割れた車もいっぱいあったそうです。(ここ数日、近所を運転すると、窓ガラスを半透明のビニールシートで覆って走っている車を数多く目撃)自宅の駐車場に屋根がない友人が、車を避難させるために外に出て、雹に見舞われたのですが、まるで「ぐー」パンチをくらったみたいな15cm大の青あざができてました。ありゃ打ち所が悪かったら大怪我するわ。

ほんの10分くらいだったと思うけど、いやー。自然の力はすごいっす。
[PR]
by sumuchef | 2009-03-31 12:20

Happy Halloween!!

10/31日はハロウィンでした。
去年までは何だかよくわからないままに、用意された衣装を着せられてイベントやTrick or Treatに参加していた娘も、今年はだいぶ様子が飲み込めている様子。通っているプリスクールでも『○日は、コスチュームを着て連れてきてください。』というお手紙が来たり、学校のない日はお友達同士集って、パンプキンパッチ(くり抜き用のかぼちゃを売っているところ)に出かけたり。本人も「コスチューム着て、Trick or Treatするの!」と当日に備え気分もばっちり盛り上がっていました。

こちらは近所の農家で行われていたパンプキンパッチにて。
d0084774_3295977.jpg


普段は農作物を入れておく納屋のようなところも、こんなふうにデコレーションしてあります。
d0084774_3314650.jpg


奥には巨大なパンプキンのおばけがあるのですが、この部屋には怖がって一緒に入ってくれませんでした(笑)。

ハロウィンっぽくオレンジと黒を基調にしたシャツ。早く着せたかったんですが、今年のテキサスはまだ暑くて。。ようやく数日前に着てみました。我が家のフロントポーチにて。
d0084774_3363633.jpg


こちらは当日のコスチューム。今年はミニーマウスに変身! この日も汗ばむほどの暖かさで、半袖で裸足でも全然OKです。
d0084774_3382384.jpg



そしてハロウィン前にあるたくさんのイベントのひとつにも家族で出かけてみました。

フェイスペインティング(手でも可)。ボランティアの方が子供のリクエストに応じて好きな図柄を描いてくれます。娘のリクエストは、「ミニーマウス」
d0084774_344353.jpg


なにやら座り込んで楽しそう。
d0084774_340996.jpg


クラフトのコーナーで。
d0084774_3454850.jpg


そして当日。大好きなお友達のジュリア(チアガール)、グレース(雪の妖精)と。Trick or Treatの始まりです!
d0084774_3474164.jpg


d0084774_353186.jpg


キャンディを取りに来た子供たち。一枚撮らせていただきました。二人とも、かっこいい~★
d0084774_351297.jpg


外がようやく暗くなり始めた午後7時くらいから、近所の家をTrick or Treat!? と言いながらまわります。ジュリアのパパに付き添いをお願いして、私は友達と二人、のーんびり家の中でワインなどを飲みつつ、彼らの帰りを待ったのですが、その間にもひっきりなしに子供たちがやってきます。いちいちドアのところまで歩くのが億劫になり、最後は入り口の近くに椅子とワインを持って待機(笑)。みんなかわいい~。

そして1時間経過。まったく娘たちが戻ってくる気配がありません。。

どこかでくたびれ果てて座ってるんじゃないか。何か訳わからないこといってパパを困らせているのかなぁ。とそわそわし始めた頃、『ただいまー!』と満面の笑顔とキャンディで山盛りになったバックを抱えてで戻ってきた娘。

5歳半のジュリアやグレースを差し置いて、いつも一番のりで玄関に駆け込んでいたそうです。。。はい。

この後は、近所の人が集って大人はワイン片手に、裏庭のファイヤーピットでおしゃべり。子供たちはひとかたまりになって、戦利品のお披露目会。午後9時過ぎに、帰りたくないぃ~という涙目の娘を車に乗せて、家に戻りました。

いつもなら、とっくにベットに入っている時間。走り回ってかなり疲れているはずだし、こてっと寝るだろう。という私の予想を見事に裏切り、ハイテンションが持続中の娘。帰りの車の中でも、楽しかった様子を私に伝えようと必死です。

「よかったね。とっても楽しかったね。ハロウィン」と私。

「ママ。I am not happy.」(娘)

「どうして? ジュリアとグレースと一緒にたくさんTrick or Treatしたんでしょ?ジュリアのパパが言ってたよ。」(私)

「...」(娘)

自分の思いを伝える言葉を懸命に探している様子でしばし無言だったのですが、しばらくすると、小さな声で、こう言いました。

「ママあのね。ハロウィンおしまいなの。so, I am not happy.」(娘)

「そうかー。ハロウィンおしまいだね。でもまた来年ハロウィンくるよ」(私)

「tomorrow(明日)?」(娘)

・・・時間の概念がまだよくわかっていない娘に未来の話は難しい。。。ここしばらくは、毎朝「今日ハロウィン?」と聞かれそうです(笑)。

さて。話は変わりますが、日本帰省がいよいよ来週となりましたっ! 出発前にやること満載であたふたしております。連絡してきてくれたお友達ありがとー。会えるのが楽しみです。みんなに会って、秋の味覚に食い倒れて、2年間ご無沙汰していた日本にカルチャーショックを受けてきます!
[PR]
by sumuchef | 2008-11-06 04:15

もう10月っ!

あらまあ。気づけばもう10月。今年も残すところ、あと3ヶ月って。。。

今月末のハロウィンを皮切りに、サンクスギビング、クリスマス、、と10月の声を聞くと、あぁ、もう年末までまっしぐら~。という気分になります。

『ねぇ、今年のハロウィンの衣装決めた?』というのが最近、ママ友達と会うと交わされる会話。もちろん自分じゃなくって、子供の。です。

d0084774_1281763.jpg


これは去年のハロウィン。うさぎちゃんになりました。(顔が今と比べると幼い★)今年はさて、どうしようかな? たいていの女の子が4,5歳までには一度プリンセスに目覚めるようで、去年までは、まーったくそのケがなかったんですが、今年は、もしかすると、、、目覚めちゃった??

d0084774_11595976.jpg


なんかよくわからんのですが、ある日「ピザ食べるよ~」と呼ぶと、この衣装に着替えて出てきてくれました。。ま、本人ご満悦の様子なんで、いいんですけどね。

で、ハロウィン。できることなら、プリンセスはいーっぱいいるだろうから、他の子とできるだけかぶらないコスチュームがいいなぁ。と、私は思うのですが。もうこの年齢になると、こっちがいいと思っても、本人が気に入らないと、着てくれないです。はい。どうなることやら。。。

話はころっと変わりますが、お知らせ。
来月11月から12月にかけて、日本に里帰りします。2年ぶりです!会えそうな友人、知人のみなさま。連絡くださ~い。子連れなもので、そうそう夜の外出はできないと思いますが、なつかしいみんなに会えるのが何よりの楽しみなので、出来る限り都合つけて会いましょう♪
[PR]
by sumuchef | 2008-10-02 12:15